株式会社彩創建築設計の代表である一級建築士 柳田のプロフィールの紹介ページです。

株式会社彩創建築設計

一級建築士 柳田プロフィール

介護福祉施設のエキスパートとして

当社代表であり、一級建築士の柳田正博は、大工である父の背中を見て育ちました。建築の現場を知るところから出発し、建築デザインを専門にするところから事務所を開設。手がけた実績の多い介護福祉施設を専門分野に据え、介護・福祉施設設計のエキスパートとして日本No.1を目指すために研鑽を積んでいる現況に至っております。

一級建築士 柳田 PROFILE

柳田 正博
生年月日
1968年生まれ
経歴
  • 1992.3早稲田大学理工学部建築学科 卒業
  • 2005柳田正博建築デザイン一級建築事務所 設立
  • 2011株式会社 彩創建築設計 設立(法人化)
  • 以来、50棟以上の建築デザインを手がける
資格
一級建築士
所属
株式会社 彩創建築設計 代表取締役
出身地
長崎県平戸市
趣味
国内・海外旅行、ドライブ、読書、子どもと遊ぶこと
家族
妻、長男、次男の4人家族
心の中に建築イメージが浮かび上がる瞬間は、一篇の詩が誕生する瞬間に似ていると感じます。詩は、情感や、己の心にある情景を言葉に託して、他者へ向けて表現します。詩はことばで構成されていますから、言わば観念的であり、読み手が自由にイメージをふくらませて様々に解釈することができます。それが詩であり、詩の面白さはそこにあります。
一方で、詩と建築は、似て非なるものです。詩と違い、建築は、言葉ではなく具体的な形にして他者へ表現するものです。さらに、詩のように様々に解釈されることが前提ではなく、心の中に浮かんだイメージを実際に形にした上で、他者を満足させなければなりません。さらに、建築は社会性、公共性を持っていますので、様々な制約を受けています。しかし私は、詩よりも建築に面白みを感じる点を、それらに見出しているのです。
お客様とヒアリングなどを通じてお話しさせていただいている最中や、構想を練っている最中などの、ふとした瞬間に建築イメージが湧き起こります。その瞬間は、その時点ではつかみどころのない、詩のようなものでしかありません。それを、少しずつ具体化していき、機能、動線、法的チェックなどをひとつずつクリアにしていきながら、私だけではない皆様の思いを形にしていくのです。私だけの心の中にあったものを、皆様の思いを組み合わせて具体化し、造り上げたときの感動を分かち合える、そんな建築をお手伝いできれば幸いです。
お客様に一言
大工の棟梁であった我が父親の作業場が自宅の横にあり、幼い頃から木材の香りが漂う環境の中で育ちました。知らぬ間に建築関係の仕事に興味を持ち、今もその延長線上におります。父親が背中で教えてくれた、「ものづくり」に対する生真面目さ、正直さ、お客様への感謝の気持ちを、すべてに対して忘れずにいたいと思います。

彩創建築設計へのお問い合わせはこちら

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.