株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

ボルドーの歴史

写真01

 「月の港 ボルドー」

そう言われる所以は、ガロンヌ河に沿って三日月状に街が発展してきたことに由来します。

 

 

 ボルドーのまちは、古代ローマのジュリアス・シーザーがガリア人の地であった、ボルドーを征服した紀元前1世紀に、町の発展の起源があります。

 当時はボルドーは「ブルティガラ」と呼ばれていました。

 

 1世紀頃に入植してきた古代ローマ人によって、ワインの製造方法も一緒に持ち込まれたと考えられており、気候・風土もワイン栽培に適していたため、次第にワイン栽培が盛んになっていきました。

 

 ワイン貿易によって大いに賑わった18世紀には、西インド諸島との貿易によって最盛期を向かえたボルドー。

 

 街並みもこの時期にネオ・クラシック形式の建築物が多く建てられ、美しい街並みを造りました。2007年、ボルドーの町は世界遺産に認定されています。

 

 フランス王ルイ15世の治世に流行ったロココ様式は官能的・有機的なデザインを特徴としていました。その過剰な装飾性や軽薄さに対する反発として、フランスの啓蒙思想をバックボーンとして台頭してきたのがネオ・クラシック様式です。

 

 

 

 ですから、装飾性を排し、論理的、簡素で端正なデザインを志向しています。

 

 しかしながら、この様式がファシスト党や国威発揚の為のモニュメントとして利用されるようになったりしたこともあり、否定的なニュアンスで使われることもあるようです。

 

 

 

 ボルドーはパリよりも100年早く、計画的な都市づくりを始めており、今までに3度、フランスの首都になったこともあります。

(ただし、いずれのときもフランスが危機的な状況にあった時期です・・・

 

 

 

 

  by 柳田

 

 

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.