株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

竜王山公園キャンプ場3(隈健吾 設計のソル・ポニエンテ)

写真01

 ガラス皿の絵付け体験が済んだら、すぐ隣のきらら交流館のレストランで昼食をすまし、目の前に広がる岩場や砂浜で遊ぶことに。

 

 

 

 

 

 小さな魚が水溜りにいたり、石を転がすと、底にヤドカリやカニがいて、わいわいとおもしろい様子です。

 

 

 

 

 余談ですが、ズワイガニは足が8本でカニの仲間ですが、タラバガニは足が6本で、ヤドカリの仲間なのだそうです。今朝のテレビの子供向け番組で言ってました。

 

 

 今まで、食べるのに夢中でカニの足の本数など気にしたこともありませんでした・・・。

 

 

 

 

 

 砂浜の所どころに、くらげの死骸がうちあげられてます。

 

 

 

 

 

 この砂浜の続きにスペイン料理のレストランがあるのですが、このレストランは建築家 隈健吾の設計したソル・ポニエンテです。

 

 

 

 

 

 

 通常の集成材やOSBという住宅の構造壁の板に使われる集製材の一種を使ってH字状の梁を造り、屋根を支える構造体自身を見せるデザインとなっています。