株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

足立山の名前の由来

足立山は正式には霧が岳というらしいですが、一般的には足立山の名称が使われてます。

 

足立山の名前の由来が北九州市の公式ホームページに載ってました。

 

 

 以下、北九州市ホームページより抜粋です。

 

 奈良時代の769年(神護景雲3年)、ある役人が称徳天皇に「弓削道鏡を天皇にさせなかったら、天下は治まらない。」という神のお告げがあったと報告しました。このお告げが本当かどうかを確かめるため、和気清麻呂が宇佐神宮(大分県)へ派遣されることになりました。
 宇佐から都に帰った清麻呂は、「道鏡を天皇の位につけてはなりませんというお告げがありました。」と報告しました。
 道鏡は怒って、清麻呂の足の筋を切り、大隈(鹿児島県)へ流しました。その途中、宇佐の海辺の村にたどり着いた清麻呂のもとに、200頭ばかりの猪が突然現れ、彼を宇佐神宮まで連れて行きました。そこで清麻呂は、「企救郡(小倉南区)の山の下の温泉に入りなさい。」という神のお告げがあったので、言いつけ通りにすると足の傷がよくなったと言うことです。
 また、足が立って山に登ったので、この山を「足立山」と呼ぶようになったとも伝えられています。さらに、清麻呂の足を立たせた伝説の温泉は、足立山の麓に、今も「湯川(小倉南区)」の呼び名で残っています。

 

以上、抜粋終わり。

 

 

 

地名というのものには、なりたちや固有の歴史があり、それが全て真実か否かは別にして、深みがあって、おもしろいなあと思います。

 

 769年の翌年、770年に、道鏡が破れ、下野の国に流されると、和気清麻呂が京の都に地位を復活しました。

 そして彼の四男、磐梨為綱を足立山に送り、妙見神社を創建したのだそうです。

 

 足立山や妙見山、妙見神社が、1500年ほど前の、天皇皇位継承をめぐる、権力闘争のあった舞台となっていたことで、その名前がつけられたというのが、とても面白いですね。

 

 

by 柳田

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.