株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

よかろうパークキャンプ場3

写真01

上恵良温泉には男湯、女湯のほかに、3つの家族湯があります。

 

家族湯を選ぶと、私たちが案内されたのは、一番広い風呂。(上の写真)

 

 

下はもう一つの家族風呂。たまたま誰も入ってなくて撮れました。

 

 

 

受付

 

 

温泉の効用

 

 

 

全体

 

 

川に面して浴槽が配置されていますが、川側の外壁が仮設のようです。

 

壁が突風ででも壊れされたのでしょうか?白木の胴縁を縦横に流して、透明のビニルシートを張っただけです。

 

たぶん、もともとは露天風呂だったのでしょう。ビニルシートの壁の外には床と手摺が半ば壊れたバルコニーが見えます。

ビニールを突き破って外に出ると、まっさかさまに、がけ下の川へと落ちます。下を覗くと結構怖いです。

 

 

洗い場が2箇所ありますが、

 

 

 身体を洗おうとカランの蛇口をひねると・・・。

 

どちらのカラン・シャワーからも、いつまでたっても温水がでてきません・・・。

 

 まさか・・・!お湯がでない!

 

そういえば、以前の三愛オートキャンプ場でも、キャンプ場に設置されてるシャワールームのお湯が出なかったことがありました。

 

 

以前泊まった佐賀県のホテルでも、室内に備えてある風呂のお湯が出ませんでした。

 

 

また、お湯が出ないのですか・・・。

 

お湯の出ないカランに当たる確立が結構高い私です。

 

 

 

ひねるとお湯や水が当たり前のように出るという生活に馴れた身には、つくづく文明のありがたさが身にしみます。

 

 

 浴槽の中のお湯を洗面器ですくって、身体を洗うことにします。

 

 

 浴槽は7~8人で入っても余裕のある、かなりの広さです。

 

 しかし、ぬるい・・・。

 

源泉掛流し、とうたってるにしては、温泉のお湯がちょろちょろしかでてません。

 

また、温泉の元栓らしきバルブをひねってみても、流れ出てくる流量が全く変わりません。

 

 

 さらに、30分ほど経って、そろそろあがろうかという時分、今まで時々顔にかけてた浴槽のお湯に何か、黒いゴミのようなものが見えました・・・。

 

 何だろう?と思ってようくみると、何か配管内側に付いてたらしい滓のような小さな破片が、結構な密度でお湯の中に大量に浮遊しています。

 

今まで浴槽のお湯をすくって顔にかけていたので、背中が、ぞぞぞ、としてきました。

 

 

 ああ、悲しいかな、今日のこの温泉は ハズレのようです・・・。

 

 

 たまたまなのか、いつもこうなのか、分かりませんが残念です。

 

 

 

 

何事も自分の思い描いているようには、なかなか進まないもので・・・。

 

 

 

たとえ、どんな環境に陥ったとしても、「幸せになれる人間」になるように、といつも子供達に言い聞かせてますが、どんな状況も受け取り方で幸せにもなれるし、不幸にもなります。

 

こうして不便なことがあるから、普段の便利さのありがたみに気づいたりするのでしょうねえ。

 

 

よく考えたら、キャンプに行くこと自体、不便なことばかりです。わざわざ不便を追い求めて行く様なものです。大事なことを忘れてました。

 

 

 「不便を如何に楽しむか!」

 

 

こうして、我が家族は

こんな山奥のキャンプ場で、家族で温泉にゆっくり浸かれて、汗を流し、さっぱりした気分を味わえることは、ありがたいことだ、

 

と思うことにして、キャンプ場への帰路に着いたのでした。

 

 

 

by 柳田

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.