株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

CLT(ハルティアセンター)

写真01

ストラエンソ社は今やCLT事業では世界2位の規模。総売上高は1.5兆円を超えるそうですから、まぎれもなく大企業です。もともとは製糸業からスタートし、2008年にCLT事業に着手。オーストリアに2箇所の原板工場、フィンランドに2箇所の加工工場を持っています。従業員は3万人で35カ国に支社があります。

 

 日本では80~90万戸/年の住宅が供給されている内、木造が55%を占めるそうです。しかし、アメリカの場合その比率は80~90%もあるのだとか。だから、日本ではまだまだ、CLT工法を使えば木造の比率を上げられ、都市の中に木造住宅を増やしていくことがストラエンソ社の当面の目標だそうです。CLTの特徴としては、

 

 ① 軽量で強い。同サイズのプレキャストコンクリートと比べ4分の一の重量となるそうで、十分な強度もあり耐震性に優れる。

 ② 施工スピードが速い。1フロアー1週間で組み立て。

 ③ 耐火性に優れる。炭化スピードは、0.7mm/分。

 

といったところでしょうか。ちなみに、ポリウレタン系の接着剤を使用しており、日本用のものにはノンホルムアルデヒドの製品を使用しているそうです。

 現在は集合住宅をメインとしているそうですが、今後はホテルや学校にも力を入れていくようです。イケアとタイアップして集合住宅を販売しているとか。

 写真はストラエンソ社がCLT工法で造った自然博物館ハルティアセンターです。ユニークな外観をしています。

by 柳田

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.