株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

フィンランド建築(ラッペンヴァーラ図書館の自動返却)

写真01

エスポー市にあるラッペンヴァーラ図書館の自動返却窓口。

 

貸し出しも返却も自動化されていて、セルフサービス。返却された本はベルトコンベヤに載って自動分別されます。

 

 フィンランドの物価は日本人からすると1.5倍~2倍位も高い、という感覚があります。本もそうで、日本人からするとかなり高価に感じます。

 

 フィンランドでは税金がかなりのっかてるせいもあり、物価高なのでしょうが、高価な本は、「買う」より「借りる」という選択肢の方へ流れるのも自然かもしれません。

 

 図書館の中は書庫と書庫の間も広くゆったりとしていますし、読むスペースも机タイプ、カウンタータイプ、ソファータイプ、カフェしながらタイプ、個室タイプ・・・とバリエーションがたくさんあり、かつ、数も多くゆったりとスペースをとっているので、リラックスして読書できる様です。

 

 幼稚園児や小学生低学年の子たちが夢中になって本を読んでる姿が多いのも目に付きました。初めは親と一緒に図書館にきているのでしょうが、次第に自分ひとりで来るようになるのでしょう。こうして、図書館に来るということが習慣化されて読書量が増える、するとますます読書の面白さにはまっていく・・・という好循環につながります。

 

 日本では、子供よりむしろ高齢者の方が多く図書館を利用しているかもしれませんが、子供に来てもらえるように何か一工夫欲しいところです。

 

 ちなみに地元北九州市の黒崎にある八幡西区図書館は同じようにセルフサービスの自動貸し出し、自動返却システムを導入しています。設計は㈱日本設計・久米設計・豊川設計のJV。

 

by 柳田

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.