株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

デイサービス(フィンランド キナポリの総合高齢者センター)

写真01

キナポリの総合高齢者センター(フィンランド、ヘルシンキ市)。

 

1985年建設でヘルシンキ市が運営している。年金退職した方で健常者が利用対象。失業者も利用可。18歳から90歳までのボランティア120名が在籍しているが資格の必要な活動をすることは出来ない。常勤スタッフは90名。

 まず、指導員に現況を相談し、どのグループに属するかを決める。カテゴリーは、運動、趣味、記憶障害、精神疾患、身体障害、・・・など。

 フィンランドでは施設入所型から在宅ケア型の方に力をいれていて、在宅ケアを支援する為にも、この施設が有効に機能していくことが必要と考えられている。

 費用は、15ユーロ/日で6時間/日(送迎込み料金)

 

 この施設には、評価リハビリ入居施設(リハビリショートステイ)といわれる定員13名のグループハウスというのがある。病院からと家からと半々くらいだそうで、日本の老人保険施設に近いと思われます。その入居者の内、認知症の人は80%程度。認知症に重点をおいたリハビリ施設という位置づけになるでしょうか。

 ただし、サービスハウスはあくまで自宅に帰ることが目的でリハビリを行う施設で、日本の老人保健施設との違い、自宅へのリターン率は75%にもなるそうです。

 入所期間は1週間から3ヶ月間まではそれぞれでまちまちです。

 帰宅前には、その人の自宅を事前調査し、フロ、トイレ、段差、手摺などの必要な改修工事を提案、工事費用600ユーロまでは市が負担、それを超える分は個人負担となるそうです。

 

 ちなみに、看護士の新卒賃金は2400ユーロ程度とのこと。日本円で320,000円くらいでしょうか。消費税23%以上、所得税20%以上の国ですから実質手取りは半分以下になるのだと思いますが・・・

 

by 柳田

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.