株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

病院(台湾、林口長庚紀念病院)

写真01

台湾にある巨大病院、林口長庚紀念病院。

 

床数(ベッド数)3715床、外来患者8000人以上、というマンモス病院です。創立者は 王永慶 氏で、彼は台湾最大の企業グループ、台湾プラスティックの創業者でもあります。1974年に設立。

 

 この病院のユニークなところは地下のフードコート。20店舗が入り、総座席数は1000席以上もあり、通常のショッピングモールにあるフードコートと変わりません。利用者数も多く、賑わっています。どうやら上階の入院患者や見舞い客、病院スタッフもここで食事をとるそうです。重病患者、厳しい食事制限のある人は無理だそうですが、それ以外の人たちは、多くの人がここで食事を楽しむんだそうです。

 楽しい食事も治療法の一種という考えだとか。確かに、骨折で入院してるだけなら、ここで食べた方が治りも早いし、ストレスが少ないでしょうね。20店舗もあれば、その日の好みで毎日変えても20日、三週間は違った種類の食事をいただくことが出来ます。

 

 日本ではこういう病院はあるのかな?あっても数は少ないでしょうね。あまり、ポピュラーな形態ではないと思います。

 私たちも病院に入院しないといけなくなった時、真っ先に思うのが、「ああ、入院したら、味も素っ気もない病院食を毎日食わされるのか・・・憂鬱だなー」といった悲観的な思い。悲壮感漂わせての入院・・・ということになるのではないでしょうか。

 

 私の、6年前に他界した父も、入院中は病院の食事が美味しくなくて、家から刺身や饅頭やらを持ってこさせてました。

 そのまま回復することなくその病院で亡くなってしまったのだけれど、父の病気は食べ物を制限する必然性はあまり無かったように思います。自分の好きな食べ物、美味しいものを自由に選択して食べてもらった方が、遥かにストレス無く快適に過ごせたに違いありません。精神的なケア、という観点から考えて食事の選択肢が多いと言うのは良いことでしょう。

 

by 柳田

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.