株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

大塚製薬(200年杉と100年杉)

写真01

 大塚製薬能力開発研究所をさらに奥に入っていくと、

 大きな2本の巨木のオブジェが現れます。

 

 上にのっかてる、まっすぐな木が大阪の200年杉。

 

 下の曲がった木が京都府北山の100年杉。

 このオブジェの製作者は、1年かけてこの巨木を曲げたそうです。

 

 「この巨木をまず、曲げようと思いますか?曲げようと思う人は少ないでしょう。これは、先入観を排せよ!という主張をしています。」

 

 なるほど。普通、あの巨木を曲げようという発想はなかなか出てこない。それに、二本の巨木は止め金具を一切使っておらず、絶妙なバランスで載せてるだけです。100年杉が200年杉を負ぶってるような格好もいろいろなイメージを起こさせてくれ、面白いです。

 

 「今の高齢化社会を暗示してるよう」

 

 「子が親を背負ってるように見える」

 

 「上が社長で下が社員」

 

 「上が会社で下が社長」

 

 

と、みんないろいろな思いついたイメージを言っています。上が200年杉で下100年杉にしたことで、いろんな発想が生まれてくるのだと思います。

 

 どうやって、巨木を曲げたのかは企業秘密だそうです。

 

 

 作者は 1941年奈良県生まれの「ふじい忠一(ちゅういち)」 先生。他にも巨木を曲げるアートで、多くの作品を作られており、数々の賞も取られ世界的なアーティストです。

 

 

 

by 柳田

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.