株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

Teach For America

 Teach For America

 

 

 1990年、プリンストン大学4年生だったWendy Kopp(ウェンディ・コップ)氏により設立されたNPO法人。

 

 

 教員免許の有無に関わらず、アメリカ国内の一流大学卒業生を2年間限定で、教育困難地域にある学校に派遣するというプログラムを実施している。

 

 

 驚くことに、この Teach For America は2010年全米文系学生就職先人気ランキングで、グーグル、アップルを抑えて1位を獲得。

 

 2014年10月5日~11日、船井総研主催のツアーに参加させていただき、Teach For America の講演を聞かせていただきました。

 

 

 この法人の存在、恥ずかしながら私は知りませんでした。(日本ではほとんど話題にされていない?)

 

 

 

 教育困難地域と言うのは、ほとんどが有色人種の学校区です。複雑な家庭環境や厳しい家庭財政の中、問題を抱える子供達がたくさんいるような学校です。

 

 

 講演をして下さったのは、Teachi For Japan の松田悠介 代表です。(松田氏はハーバード大学の卒業生)

 

以下、講演の内容をまとめたものです。

 

 

 

① 現在、年間6,000人を採用し、教育困難地に教師として派遣している。

②現在、このプロジェクトは世界35カ国で展開しており、2013年には、イギリスでも、就職志望ランキング1位になっている。

 

 

③なぜ、一流大学の優秀な学生が志望してくるのか?ということだが、最初の動機は「キャリアアップ」。

 

 

④だが、プログラムを終えて次の仕事を選ぶ時には、約70%の人が教育関係へと就職している。

 

⑤まず、ウェンディ氏がNPO立ち上げ時に持っていた問題意識は、貧困による絶望的な教育格差の存在である。お金がある人は我が子にそれなりの教育を与えてあげることができる。

 

 しかし、親の貧困によってまともに学校にも行っていない子供は、教育を受けるチャンスを逃し、それがさらなる貧困を生み出す、という悪循環に陥っている。

 

 「貧富の差による教育格差を無くす」 これが、出発点となっている。

 

 

 子供達の置かれてしまった背景(貧富の差)によって子供達が未来を決定付けられるということは、間違っている!

 (因みに、東大生の親の年収の平均は950万円だそうだ)

 

 

 全ての子供が平等にチャンスを持てるようにすること、これがミッション。

 

 

 

⑥TFAの事業は全て企業からの寄付で賄われているが、企業はなぜ、寄付するのだろうか?

 

 答えは、リーダーシップ力、人材教育の一環としてとらえられているようで、社内研修の延長と捉えてる会社もあるようだ。

 

 

 

⑦では、日本に Teach For Japan を立ち上げる意義は?

 

 まず、急速な貧困率の上昇である。OECD加盟国の中で、貧困率は、

 

 1位 メキシコ

 2位 トルコ

 3位 アメリカ 

 4位 日本

 

 となっており、日本では6人に1人が貧困に陥っているという。

 

 

 20世紀の日本の教育は工業化社会・大量生産時代に合わせて、画一的な教育が求められてきた。

 

 

 しかし、21世紀の教育目的は、全く違うものになる。

 

 

 脱工業化したこれからの時代は、ある特化した分野だけが得意で能力の秀でた人が求められる。

 

 

 全ての教科で50点とる人よりも、他は0点でも、1つだけ100点とれる人が、これから求められる人材となる。

 

 

 日本では若者が働かずに引きこもるニートが問題となっているが、超高齢者社会となる日本の未来は、二人で1人を背負う過酷な社会となる。

 

 

 そんな時代にニートが居たら、上にのっかる方になる訳で、社会が持つわけがない。ニートを無くしていかに高齢者を支える分母の人数を増やすか! 

 

 教育格差を無くし、ニートを無くし、教育を受けて自発的に自己成長を続ける人材、またそれを引っ張るリーダーの育成、

 

 これが日本の至上命題である。

 

 

以上、

 

 

 教育問題の解決が日本の超高齢社会への解決策にもなっているという、すばらしい講演内容でした。

 

 

 Teach For Japan の日本での活動も順調にいってるようです。日本でも、TFJムーブメントが起きそうな気がしています。

 

http://teachforjapan.org/

 

 

 

 

by 柳田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.