株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

IBM(ワトソン)

 船井総研のアメリカ研修でIBMを視察。

 (2014年10月6日)

 

 

 IBMは現在、人工知能「ワトソン」を開発中。すでに1000億円を投資しているそうです。

 

 ワトソンがやろうとしていること・・・

 

 例えば、グーグルでキーワード検索すると全く関係ないものまで拾ってきたりします。

 

 ワトソンは膨大な構造化されていないデータの中から、キーワードだけでなく、その前後のコンテクストから理解をし、必要としている解答を見つけてくる、または提案してくれます。

 

 

 データの20%は既に答えがでている構造化されたものだが、80%は構造化されていないデータとして存在しているそうです。この80%の構造化されていないビッグデータを分析・理解して、提案してくる、ということです。

 

 

 自己学習能力も備えているので、時間と共に膨大な経験値が積み上がっていきます。

 

 

 医薬品業界では特に膨大な構造化されていないデータが存在しており、ワトソンを利用することで、開発期間を大きく短縮することが期待されています。

 

 映画の中でしか知らない、宇宙船の中のマザーコンピュータのような、対話も可能な人知をはるかに超える人工知能がもうすぐ生まれることになるのでしょうか。

 

 

 アップルやグーグルの次のターゲットの一つは自動車だそうです。

 アップルの最高幹部は

 

 自動車は、究極のモバイル・デバイスです」

 

と、言っているそうですから、自動車が「走る人工知能の箱」となる日も近そうです。

 

 

 その時、トヨタや日産、三菱自動車などの自動車メーカーはどうなっているのでしょうか?

 

 ソフトウェア分野の開発ではアメリカに完全に引き離されてしまった感がする日本ですが、15年後、わが国の自動車メーカーが人工知能の箱と化したアップル社製の自動運転車に一掃されていないだろうか・・・

 

 とても心配です。

 

 

 

by 柳田

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.