株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

花尾山の麓(四十七士のお墓の由来)

写真01

年末になるとほぼ毎年どこかのチャンネルで放映されている「忠臣蔵」。

 

 赤穂浪士 四十七士の討ち入りの話である。

 

 

 何故ここに討ち入りした四十七士のお墓が在るのか?

 

 調べてみました。

 

 1913年(大正2年)医師、児玉恒次郎氏は高輪泉岳寺の許可を得て、津屋崎町(現在福津市)に実物そのままの四十七士の墓を建てます。

 

 しかしながら、その後、事業に失敗した為、墓は枝光(現在の枝光西公園)に移されます。

 

 しかし、さらに水害によって墓が埋没した為、昭和6年、当時の山の所有者であり、真田増丸師の高弟でもあった木村孔爾氏によって掘り出され、花尾山の真田増丸師の墓の横へと移されたのだそうです。

 

 

 これで、ようやく真田増丸師と四十七士の墓がなぜ隣り合ってあるのか、繋がりが解りました。

 

 

 

 

by 柳田

 

 

 

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.