株式会社彩創建築設計の最新情報をご紹介します。

株式会社彩創建築設計

blog&news

平戸市、ザビエルの記念碑

写真01

 

平戸市にフランシスコ・ザビエルの来訪記念碑があります。(2015年8月12日来訪)

 

 

 

 この記念碑はザビエルが平戸を訪れてから400年を記念して建立されたものです。平戸を訪れたのが1550年8月ということなので、1950年が400年目の年に当たります。

 

 

 ザビエルは、1549年鹿児島市に上陸すると、平戸市 ⇒ 山口県(周防国)⇒ 堺市へと、京都への移動中、布教活動を行いながら上京します。

 

 

 京都では当時の天皇である後奈良天皇と足利義輝将軍への拝謁の希望がかなわず、1551年1月に平戸に戻ってきています。そして、1551年11月には、日本をあとにし、インドへ帰り、その後、中国での布教活動中、46歳で病死しています。

 

 

 わずか2年ほどの日本滞在でしたが、ザビエルが残したキリスト教は、幾たびの激しい迫害を受けつつも現在、しっかりと生きています。

 

 

 

 私の母は、隠れキリシタンの島で有名な生月島の出身です。母がまだ幼少の頃、母のおばあちゃんが「オラショ」というお祈りをしていたそうです。

 

 

 その「オラショ」はラテン語の祈りと言う意味の”oratio”から来ていると言われ、隠れキリシタンの祈祷文だったとようです。

 

 

 

 

 当時、スペイン・ポルトガルは1492年のアメリカ大陸発見以来、大航海時代を迎え、アメリカ、アジアの国々を次々と植民地支配していました。

 

 

 最近では、キリスト教布教はその植民地政策の一翼を担っていたと見るのが通説のようです。

 

 

 

 

 「インディアスの破壊についての簡潔な報告」という本が岩波文庫から出ています。(ラス・カサス著/染田秀藤 訳)

 

 

 

 

 1552年に初めて印刷されたこの本の中には、スペイン人がエスパニョーラ島やサンファン島、ジャマイカ島、キューバ島やニカラグア、メキシコなどの中南米の島や国々に住む原住民(インディアン)たちを、まるで虫けら同然に殺戮して行く様が克明にと綴られています。

 

 

 布教のため同行したキリスト教徒、バルトロメー・デ・ラス・カサス司教が、その残虐な殺戮行為の一部始終を当時のスペイン皇太子、後のスペイン王フィリッペ2世に報告する、という形になっています。

 

 

 あまりに純情無垢で誠意にあふれすぎた原住民たちは、スペイン人から子供のように簡単にだまされ、牛や豚のように、もて遊ばれながら殺されていったのです。いくつかの映画にも、植民地時代の残虐なシーンは描かれていますが、この本の描写に比べたらまだ人間的過ぎる、と思います。

 

 

 あまりにも、残虐非道であり、子供、女性も関係なく皆殺しです。そこには憐憫の情は一片すら感じられません。

 

 

 インディアンはあまりにも無垢すぎました。諸部族に分かれていたインディアンの王たちは、皆穏やかで話せば分かる、と思っていました。

 

 

 しかし、金に眼の眩んだ殺戮者たちは情け容赦なく「飛んで火にいる夏の虫」の文字通り、子供が一匹の虫の胴体を手で引きちぎるかのような、非情さで彼らを殺して行きます。

 

 

 

 この西欧の植民地支配は第二次世界大戦終結と共に終了しました。それぞれの植民地だった国々が独立していったからです。

 

 

 ザビエル自身、自覚はしていたのかどうかは分かりませんが、キリスト教の歴史には無実の人のおびただしい血が流された闇の部分もあります。

 

 植民地支配のツールとして、征服者の兵士たちと一緒に乗り込んで行きました。

 

 

 

 もしかしたら、16世紀後半から17世紀のはじめあたり、植民地として日本も同じ悲惨な境遇に陥っていたかもしれないと思うとぞっとします。

 

 

 

 日本国土と文化を守ってきてくれた先祖の人たちに、感謝、感謝です

 

 

by 柳田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 介護福祉施設の種類と特徴
  • 介護福祉施設の設計ポイント
  • 建築事務所の選び方
  • 実績一覧
  • 特殊建築物の定期報告料金表
  • 建築計画の料金表
  • ご相談から仕事の流れ
  • 設計に対する姿勢
  • Q&A
  • 建築会社・コンサルティング会社の方へ
  • お客様の声
  • 一級建築士 柳田プロフィール
  • 会社紹介・スタッフ紹介
  • tel:093-571-6121
  • お問い合わせ
  • ブログ

Copyright © 株式会社彩創建築設計. All Rights Reserved.